徒然なるPAPA

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

昨日は、スポーツアカデミーの歓迎会&入籍祝賀会。
20人ほど集まったかな。
ビールで始まって焼酎、寒いって事で熱燗に、若手の飲んでいたワイン。
起きたら頭が痛いわけだよ。

入籍した子は、俺が面接した子。
しかも保険の扶養の確認をした時に・・

『今日、入籍をしてきました。』
これまでも大勢の面接に携わったけれど初めて。
一生忘れられない面接になった。

この勢いで末永く幸せに(^o^)

f0220183_18312656.jpg

さすがに村上春樹・・読み手を引き付ける力は天才としか言いようがない。
酔っていても眠くても先に先に読みたいって衝動に駆られる。
この素敵な感覚に浸れるのもTさんが自分が読む前に貸してくれたおかげ。
サンキュー!!

でも、乾燥としては村上作品としてはスケールが小さいって言うところかね。
俺のこれまでの小説の中でも一番好きな『ノルウェイの森』と比べちゃうとさらにね。

トオルとキズキと直子の関係を思い出す。
音楽が大きく関係するところ、ものすごくいい友達。
それだけに精神的にきつくなる展開。
一段落したらまた『ノルウェイの森』を読んでみよう。

その年その年代で捉え方が違ってくるので本って好きなんだよね(^o^)
[PR]
by danngo10 | 2013-04-21 18:36 | BOOK
<< 『森のなかの海』 (下) 『森のなかの海』 (上) >>



ゆりかごからいままでのBLOG
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
ダン
at 2016-03-04 14:30
『百舌の叫ぶ夜』
at 2014-10-26 22:43
『下町ロケット』
at 2014-10-17 22:13
『ダイスをころがせ!』㊦
at 2014-10-10 22:53
『ダイスをころがせ!』 ㊤
at 2014-10-05 22:27
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
悪意 東野圭吾
from 粋な提案
検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧