徒然なるPAPA

『おとこたちの好日』

俺の2014お盆さんも昨日の隆昌院の施餓鬼法要を持って一段落。
久しぶりに活字でストレス解消。

何度か読んだ城山先生・・「官僚たちの夏」とともに振り返ってみたい時に手にしている。
今、我社の組織力が崩れていると痛切に感じる。
一体感と言うよりも「価値観」の共有がなされていない。

強烈なトップリーダーがグイグイ引っ張ることはわるい事ではない。
だたし、それにお任せ引きずられるように社員がついていっちゃうことが問題。
組織力の原理2:6:2.
やる気のある政策に大賛成の2割がいると、大賛成ではないが反対ではない6割、反対したい2割の組織。
これは仕方ないことなのですよ。

これは羽根先生とも話をしたこと。
6割のうち3割程度がちょっとなびいてくれればしめたもの。
大きなうねりとなって政策を進めることができる。

今しようとしていることは、6割を大賛成に限りなく取り込もうと言うものにしか見えない。
これでは、崩壊しますよ。
最初はごまかせるかもしれないけれど、3年と持ちこたえる事はできないでしょう。
6割の声には出せないが反対ではない派も、早いですよ反対に転じることは。
今、いい位置取りで生きている人たちの感覚ってね。
政策を推し進めることが邪魔に感じられないようにしないとね。

f0220183_9125578.jpg

国のためにと経営にまい進していく男の姿を書き上げたもの。

「変わらないためには、変わり続けなければならない。」
と言われるけれども、変わり続けるためには、これまでから何が変わって何が変わっていないのか、これから何を変えて何を変えてはいけないのかをしっかりと認識しておかなければならない。

過去がなければ決して今在ることはない。
当時がどうであれ、必要とされていたからその時の状況がある。

「我々の直面する問題は、その問題を作ったときと同じ考えのレベルでは解決することはできない。」
有名な言葉です。
ただし、その問題を人の責に、当時の責任に転嫁する人には、決して解決はできないです。
何が変わって何で問題となったのか、最初から問題と言うことを実施する人はいません。
歴史を認識するからこそ、今の問題を解決できる糸口が見つかるものです。

今在ることに感謝できれば、問題に直面しても「日日是好日」と思えるのだろう001.gif
[PR]
# by danngo10 | 2014-08-19 22:58 | BOOK

36年の歳月

猛暑が続いていて体もお疲れって感じだ。
ここのところ特に研修に次ぐ研修だからね。

さて、タイトル・・・
36年ぶりに電話で話が出来た。

高校2年生の修学旅行。
僕がですよ(笑)
京都に行った時のこと、同じ旅館で北海道の紋別高校の生徒と鉢合わせ。
ちょっとやんちゃだったからね~いろいろと揉めた訳ですよ。
でも、紋別高校のトップはランキング外って感じで怖かったな~。
だって、高校生でダボシャツにアフロだから。
こっちはIBでお洒落なのに(笑)
まぁ、さしたる事件にも発展せずに、その紋別の番長様みたいな人が抑えてくれた。

その夜の新京極・・・
やっぱり北海道の女子高校生軍団と鉢合わせ。
そーとーやんちゃな皆さんだった。
ダンゴ 「君らは紋別高校?」
そんな会話から始って、北海道だが高校は小樽昭和高校。
「紋別高校は、かなり危ないから相手にしないほうが良い。」
と親切なアドバイス。

で~
俺がその時にしていた腕時計は、安い時計を解体して、文字盤をセブンスターの箱紙で作ってある。
もちろん自作・・・世界で一つ。
その時に、食いついてきたのがYさんだった。
興味心身、他の人にも見せたいとか・・
ダンゴ 「自作で安物だから持って行っていいよ。」
Y 「一日借りて、明日またここへ返しにくる。それまで私の時計を持っていてくれ。」
そんなこんなで、結局2日連続あったんだけどね。
帰ってからも、やんちゃ同士で文通(笑)、電話で話をしたり、でも会うことはなかった。

で~今回、何で?
ひょんなことから知り合いの友達が、小樽の昭和の風景をHPにアップした。
懐かしい~!
ちょうど同年代方々が高校生の時の風景。
で~今の世の中、調べてみる気持ちでもなく、懐かしく名前を思い出したので検索してみたの。
な~んと、ヒットするじゃん。
でも、同姓同名??
でも、写真もアップされていた。
どうみても面影がある。

f0220183_15105450.jpg

彼女が、小樽レンガ横丁で8年前に始めた居酒屋さんだとか・・・
この雰囲気、近くにあったら何時も寄りこんじゃいそうなくらい好きだな。

嬉しかった。
懐かしかった。
頑張っていることがわかって良かった。

これからまだ一花ふた花咲かせる勢いでお互いガンバローぜ001.gif
[PR]
# by danngo10 | 2014-08-05 22:48 | 団子感

『ベンチュラ』

ここのところ猛暑日の連続・・体もバテテきている感じだ。
しっかりと体を造ってお盆ワールドに望まないとね。

3年前だったかな~
熱中症?
16日の墓経の合間をぬって点滴をしてもらって乗りきった。
その後、肝数値はべらぼうにあがるし、点滴は天敵になっちゃったし・・
参った。
一昨年から学習出来たって感覚だったけどね。

さて、ハミルトンベンチュラ エルビスアニバーサリー・・3年を経てゲットV
そう、エルビス・プレスリーがこよなく愛した時計。
ハリウッド映画で最も使われている時計はロレックスじゃないのですよ。
黒いし、ラバーベルトだし、デカいし躊躇しながらネット通販(^o^)

f0220183_2224841.jpg

独創的でなかなか格好いいと思うのは私だけでしょうか?
でも、腕にしてみると意外と軽いし、角度が付いていてとってもシックリくる。

f0220183_223005.jpg

これは、前に購入したベンチュラ アメリカンクラシックよりずっといいじゃん。
気に入りまひた。

最初に欲しいものをゲットして、お盆さんで頑張って返す。
俺流のお盆さんモチベーションアップの方法ですので001.gif
[PR]
# by danngo10 | 2014-08-04 22:15 | Collection

桃狩り!

友梨江が桃狩りに来た。
4年ぶり!
前回、桃狩りに来て1月後にギランバレーらしき病で倒れて、一時は人工呼吸器をつけていたほど。
連絡を受けて飛んで行ったのが思い出される。

順調に回復・・・本当に元の友梨江に戻れるまでいくらでも応援するよ。
車いすとはなったものの彼氏も出来て、彼氏の家族&友梨江ママ、姉と一緒に桃狩りに来た。
とりあえずは粋で昼食。
馬刺し馬刺しと言っていたので、マスターに頼んで特別に霜降り馬刺しを加えてもらった。

友梨江の隣に彼氏、その隣に彼氏の両親。
友梨江の正面に俺、その隣に友梨江ママ、その隣に姉。
誰がどう見ても俺が父親としか見えない構図(笑)
でも、皆優しい人ばかりで良かった。
嬉しい=^_^=

桃狩りは何時もの中込農園。
そう、檀家さん。
研修生の外国人を大勢受け入れていて、一軒家を購入してそこで自由に生活させている。
周りに家がないので、唄ったりBBQをしたり。
この中込さん。
星野さんとコラボしていて、リゾナーレに桃を提供している。
檀家の人が頑張っていると嬉しくなる。

でも、言われちゃった。
何なのあの6次化・・・って。
せっかく成長した桃や葡萄、サクランボの木が無放置されている。
受け手を探せばいくらでもいるのに、行政のすることは無駄ばっかり。
これは、違う方からも言われていたこと。
南アルプス市は税金を投入して遊休農地を造っているのかって・・。
初心に帰ってしっかりしましょう!!

f0220183_18475885.jpg

友梨江が作ってくれたダン。
よく特徴を捉えている。

f0220183_18501970.jpg

亡きピノママが作ってくれたダンの壁掛け。

f0220183_22324084.jpg

現在のダン・・・座り方がオカマっぽいけれど若い時からこんな感じ!(^^)!

ダンって幸せ者だよね001.gif
[PR]
# by danngo10 | 2014-08-02 18:36 | family

『バガボンド』

今日は、新採用社員の登山研修のサポータの慰労会。
16人集った。
場所は、お気に入りのバガボンドww

この研修新採用職員を6班に別け、それぞれ親しみが持てるように名前をつける。
登山にも何も始めての社員、性格には社員予定の人サポートをするために、採用2~3年目の若手社員についてもらったの。
無事に研修も報告会も終了。
とにかく、この成功にはサポータの力が不可欠だった。
頼もしく成長した若手。
とっても楽しい飲会となった。

【いい話】

 7才の娘の喘息がひどかったので、都会から田舎に引っ越すことに。ほどなく娘の発作はなくなり、家族3人ゆったりと過ごしていました。ところが、幸せな日々も束の間、夫が事故で亡くなってしまったんです。

 仕事を探すためにも都会に戻るべきかと悩んでいたある日、娘が「お父さんに手紙を出したい」と言いだしました。そこで、天国にいる夫へ手紙を書き、風船に結んで空に飛ばすことにしました。

 娘の手紙には「お父さんへ元気ですか? 天国はどんなところですか? わたしもお母さんも、すごくかなしいです。いい子になるから、帰ってきてください。 R美」と書いてありました。娘は、風船が見えなくなるまで青空を眺めていました。返事が来ないことはわかっていただろうと思います。

 ところが、それから1週間ほどが経ったころ、差出人の書かれていない娘宛ての手紙が、ポストに入っていました。開封すると、丁寧な字で、こう書かれていました。

「R美へ お父さんは元気です。天国は楽しいところだよ。神様との決まりごとで帰れませんが、お母さんの言うことをよく聞いて、いい子でいてください。ずっと見守っているからね。お父さん」

 娘は喜んで、手紙を部屋の壁に飾っていました。筆跡が違いますし、もちろん夫ではありません。風船を拾った人が善意で返事をくださったのだと思いますが、住所を書いたわけではないので、不思議に思っていました。

 後日、風船を拾ってくれたのが隣の町のかただとわかりました。娘の名前を頼りに、多くのかたが協力して、この家を探してくださったそうです。その話を聞いた私は、都会に戻ることをやめました。温かい人たちが集うこの土地で、娘を育てていこうと決意しました。


日本っていい国だよね。
何で、戦争好きな巨大大国の真似をするんだろう。

もっともっと母国を自慢しちゃおう001.gif
[PR]
# by danngo10 | 2014-07-29 23:34 | 飲兵衛



ゆりかごからいままでのBLOG
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
そぼろ
at 2018-02-18 10:13
ダン
at 2016-03-04 14:30
『百舌の叫ぶ夜』
at 2014-10-26 22:43
『下町ロケット』
at 2014-10-17 22:13
『ダイスをころがせ!』㊦
at 2014-10-10 22:53
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
悪意 東野圭吾
from 粋な提案
検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧